読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引きこもりが社会参画するまで

なんでもひとりでできるもん

保護犬・猫の存在をあなたは知っていますか?ペットを飼う前に知っておいてほしいこと

f:id:azabi666:20160922131622p:plain

犬とキス(チュー)する可愛い女の子|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ

 

ペットショップにたくさんの犬や猫などの子どもがケースの中で飼い主を待っている中で、他にも新しい、次の飼い主を待っている動物たちがいることをあなたはご存知でしょうか。それは、動物愛護センターや保健所、動物愛護団体やボランティアの方達が保護している動物たちです。

動物愛護センター(以下、センター)や保健所に収容される多くは犬や猫ですが、収容されるまでの経緯は、飼い主側の責任放棄が主です。

  • ペットショップで衝動的に子犬や子猫を買ったけど、成長するにつれて、思っていたのと違った
  • 噛み癖や吠え癖が治らない
  • 転居先がペット不可、もしく飼えない状況になってしまった
  • もう可愛くない
  • 経済的に飼えなくなってしまった

など、ペット側のことはお構いなしに捨てていく人がいます。

 

センターや保健所に引き取ってもらい、新しい飼い主を探してもらうという選択肢は最善ではありませんが、山など人気のないところに置き去りにされるよりはマシと言えます。一度、人間の手の元で育った動物たちが自然の中で生きていくことは不可能に近く、おそらく、確実に病気や飢えで死んでしまうでしょう。

 

さて、センターや保健所に引き渡された動物たちはどうなるのでしょうか。

外を徘徊していた動物たちが職員の手で収容された場合は、一週間は迷子という扱いでホームページ上で情報提供されます。飼い主以外が引き取るにはこの一週間を過ぎないと引き取ることはできません。なので、個人や団体で保護活動をしている人たちはこの一週間が地獄のようなのではないかと思われます。

 

次に、ある一定の期間が過ぎればガス室で殺されてしまいます。

小さな小部屋に押し込まれた動物たちは酸素がなくなり苦しい中で必死に生きようともがきますので、力みすぎて口から出血してしまうことも。壁を必死に引っ掻き「出して」と懇願しますがやがて力も入らなくなりそのまま窒息死です。

youtubeで実際の映像が見られますので、見る勇気のある人は一度観てみるといいかもしれません。

 

また、動物愛護団体に引き取られもなお、病気もちの子や見た目が可愛らしく感じられない雑種の子たちはセンターや保健所から出されることなく殺されてしまうのも事実です。

もちろん、見た目や病状を保護する基準にせずに活動される団体もあります。

これは、そういう事実を非難するものではありません。実際にお仕事をされながら個人でボランティアとして活動なされている方や、例え非営利団体だとしても資金が無尽蔵にあるわけではなく、助けたくても助けられない、飲み込みきれない悔しい気持ちがあるのです。

 

行政における年間の殺処分数は全国で約10万頭以上にのぼります。減少傾向にはありますが、それはボランティアの力が多く働いているからです。

 

もし、ペットショップでペットを迎えようか迷っている方がいるのならば、ぜひ、保護動物のことを考えてみて欲しいのです。もしかしたら、あなたの選択が一匹でも多くの命を救えることになるかもしれません。

私は現在ペットショップから犬を飼いましたが、その後に保護犬のことを知りました。実際に勝つされている方のブログを見ながら、「なんでこんなひどいことができるのか」「どうして」という気持ちで涙が抑えきれませんでした。その時から、寄付を募っているところえ物資支援や寄付などを行っています。

新しい飼い主になることはできなくても、金銭面で支援することも可能なことを知っておいて欲しいのです。

 

日本はペット先進国と言われる欧州や欧米と比べると随分、かなり遅れているのが実情です。日本は「動物のアウシュビッツ」と言われてしまうぐらいです。法律上、ペットは生き物としての扱いではなく、「物」です。

動物愛護法が改正されたとはいえ、まだまだ最初の一歩には遠く及びません。殺処分の問題をはじめペットショップ制度、悪質なブリーダー(パピーミル)による残酷な扱いなど、インターネット上には多くの情報があります。また、書籍も多数ありますから、一つ、社会問題として、自分の中のことと考えられる人が多くなればと思っています。

 

日本の犬猫は幸せか 動物保護施設アークの25年 (集英社新書)

新品価格
¥734から
(2016/9/22 13:50時点)

 

それでも命を買いますか? - ペットビジネスの闇を支えるのは誰だ - (ワニブックスPLUS新書)

新品価格
¥896から
(2016/9/22 13:52時点)

猫を助ける仕事 保護猫カフェ、猫付きシェアハウス (光文社新書)

新品価格
¥842から
(2016/9/22 13:52時点)