引きこもりが社会参画するまで

なんでもひとりでできるもん

田舎で素敵なカフェに巡り会う方法。素敵なカフェに出会えた話

f:id:azabi666:20160512205728p:plain

 

5月13日の金曜日です。ジェイソンです。azabiです。20歳になりました、実感0です。

北海道では白樺花粉が猛威を振るっています。花粉症の人は柑橘類でアレルギー症状が出るみたいですね。私のことです。りんごや桃を食べると、喉が痒くなて腫れます。果汁100%ジュースが飲めないショック…。

 

そして今回は、「田舎でお気に入りのカフェに出会う方法」です。

 

昨日、ホームセンターでばったり会った仲良しパートのおばちゃんと、「コーヒー飲みに行こう」ということのなり、前から気になっていたカフェに行ってきました。

ここ1年前ぐらいに塾からカフェに変わったところなんですが、ひきこもり故、お店の中に入ることはなかったんです。カフェで読書するのちょっと憧れで、こんな田舎でも片道車で40分のところにスタバができたから行ってみようと考えていましたが、わざわざ読書するのに片道40分の意味がわからないということで計画止まりしてました。そんな中、ついに読書するのに最適なカフェを発見しました。昨日行ってきたカフェです。

 

小さめの建物にウッドデッキがありました。外でもコーヒーを楽しめる仕様ですね。

木枠にガラスがはまったドアを開けると、控えめなジャズミュージックと芳しい香りがふわっと。内装が、白壁に濃いめの木材でできた床。カウンター席や外が見れる席、二人がけできる席など、お昼時の日差しがちょうどよく入ってくる…。しかも、平日の昼間で人がいない。ご尊老のマスターに迎えられ、1時間半ほど滞在させてもらいました。穴場だ!

 

田舎のカフェはタウン誌で探すか、自力で歩き回って見つけるの二択

です。

多くはないけど食べログに登録されているところもありますが、今回お邪魔したカフェは登録されていなかったので、キョロキョロ見回しながら運転していた甲斐がありました。

私は友達がいないので(開き直り)、人づてに聞くこともないので、上記の方法で頑張ってます。良さげな雰囲気の写真が掲載されていれば、あとは行動あるのみですよね。北海道は土地が大きすぎて、隣町に行くのにもバスなんて役に立たないので車は必須。

 

ちょっと話は飛ぶんですけど、車の運転好きなんですけど、自動運転車デビューしたいです。運転は楽しいですけどやっぱ運転操作に集中せざるをえないから、長距離移動するには時間がもったいないんですよね〜。バック駐車とか、広い駐車場ならまだしも狭いとぶつけそうでハラハラする運転歴1年半azabiでした〜